2021/12/31
ギックリ腰って??

冬の寒い時期に当院にご来院頂く患者さんでも特に多い症状が今回のタイトルにもありますギックリ腰です😰

みなさんはご経験ありますか?

恥ずかしい話ではございますが、今年は私も一度経験する事となってしまいました😂

決して重たい荷物を持ったわけでもなく、無理な体勢を取ったわけでもなく、椅子に座りテーブルの書類(紙10枚程度)を後ろに置く為に体を少し捻っただけでした💦

そんな日常誰しもが当たり前の様に行う行動でもその後1ヶ月程私生活がままならない程の痛みが伴います😭

そもそもギックリ腰って???

急性腰痛症は、腰痛が発症してから4週間以内のものを指します。一般に“ぎっくり腰”と呼ばれている状態と定義つけされていますが内容は様々です。

主に腰の関節やその周りの筋肉や靱帯にあると考えられています。

これだけでも3つの内容がありますよね!

関節、筋肉、靭帯と全く違う組織ですね。

その他にも病変、感染症、骨折などまだまだ様々な要因があります。

よく聞く症状はそれだけ経験されてる方も周りで多くいる事とは思います。

その際に「私はこれやったら治ったよ」とか

「こんな事すると良いんだよ」など親切な方がアドバイスをしてくれますよね?

ただ、上記にも挙げた様に、そもそも痛めてる組織にも種類があり、その箇所、痛め方によっては良いと言われている事も逆効果になり、より悪化する事は本当に多々あります。

痛くなったら冷やすの?温めるの?動かさない方が良いの?動かした方が良いの?

良く患者さんに聞かれます。

決してご自身で判断せず、まずはご相談頂けると幸いです😊✨

では原因と予防は??

急性腰痛症の痛みの原因はさまざまで、原因がはっきりしない場合もあります。老化、姿勢の悪さ、無理な力がかかることなどによる腰の関節のずれ、椎間板ついかんばんという腰の軟骨の損傷、腰を支える筋肉や腱、靱帯の損傷などが原因として多いと考えられています。

文字で見てみるととても怖い事が書いてます💧

又、予防法としては

急性腰痛症を予防するには、普段から腰に無理な負担がかからないよう姿勢に注意するとともに、腰回りの筋肉を鍛えることが大切です。また、日頃から腰の筋肉のバランスを整えることは腰痛の再発予防にもつながります。

原因、予防と一律して言えるのが普段からの姿勢がいかに大事かがわかりますね😊

当院は治療のみではなく、今後の予防、ケア、トレーニングと総合的に患者さんのお身体に向き合わせて頂き、少しでも普段の生活の支え、サポート出来ればと思います。

是非お悩みの皆さま、今年こそはと新年の目標にお身体のケアを考えられている方はご相談下さいね🤗

当院はホームページやSNSでも情報を発信しておりますので是非チェックして頂けると幸いです😊

※下記の単語をクリックして頂けると、それぞれのところへ飛べる様になっています(^ ^)

ホームページ(院内情報、治療法など)

LINE公式アカウント(こちらからご予約可能です)

Instagram 役立つ情報も発信しています!

みやび整骨院摂津院

566-0011 大阪府摂津市千里丘東3-2-21

📞072-622-1131

JR千里丘・阪急摂津駅より徒歩5分